minor club house

ポプラ文庫ピュアフルから出してきたマイナークラブハウス・シリーズですが、以後はネットでやってくことにしました。とりあえず、版元との契約が切れた分から、ゆっくり載っけてきます。続きはそのあと、ボチボチとりかかる予定。

2

  コドモのしんぱい

 

 

 新学期の朝。

 別段、約束していたわけでもなかったが、福岡滝は、少し早めに家を出た。

 ニセアカシアの林を抜け、桃園会館に向かう。すると、入り口のポーチの上で、ドア・ノッカーのライオンの顔に、自分の鼻先をこすりつけている親友、畠山ぴりかを発見する。

「なにやってんの。」

 と、後ろから声をかけると、

「ネコのあいさつ。」

 と、振り向きもせずに応える。もう、滝はいちいち、ぴりかの奇行をつっこまない。1年一緒にいただけで、会話って、こんなにシンプルに成立するようになる。

「行くわよ。」

 声をかけて、細い踏み分け道を引き返す。ぴりかも、すぐに追ってくる。

 

「なーんか、ちょと、ふあんだな。」

 と、後ろを歩くぴりかが、小さな声で呟いた。

「なにが?」

「新しいクラス。もし、誰もいなかったら、どうしよーって。」

「へー、あんたでも、そういうこと考えるんだー?」

 自分だって、全く考えないというわけでもなかったが、滝はわざと平然とした口調で、そう切り返す。

「そりゃ、考えるさ。オイラ、タキいなかったら、どうしていいのかなんて、ぜんぜんわかんないもん。」

「一緒の可能性は低いわよ、8クラスもあるんだもの。理数系を除いても、6クラスでしょ。多分、去年一緒だった人間、4、5人くらいしか、同じクラスにはならないと思うわ。」

 そう言うと、後ろのぴりかは、はーっと切ないため息をつく。

 幼稚ねえ、と滝は思う。こんな不安、自分なら絶対、素直に面に出しはしない。

 たとえそれが、本当に死活問題であったとしても……中等部の手芸部のメンバーだらけのクラスになろうとも、あるいは、遠野くんと同じクラスになろうとも、それで学校を辞めていいことになんか、なりゃしないのだ。

 どうせ逃げられない運命なら、孤独になるのを怖れているところなんか、まわりの人間に、見せるわけにはいかない。見せてる場合じゃない。

「まあ、誰かひとりくらい、メンバーがいることを祈るのね。どうせお昼は学食で、みんな一緒に食べるんだし、ヒマなら廊下で話せばいいし、困ることなんか、たいしてありゃしないわよ。」

「でも、修学旅行とかあるじゃん。それに、グループ学習とかさ。オイラ……オイラ、他の女の子たちと、なに話していいのかなんて、ぜんぜん、わかんない……困る……」

 まるで、泣いているような気配に驚いて、滝は振り返る。

 そしたらぴりかは、本当に立ちどまって、ほっぺたに、つー……と涙を滴らせていた。

「ちょっとぉー……」

 感染しないように、怒った声で言って、腰に手を当ててふんぞり返る。

「なーに小学生みたいなことやってんのよ! そんな軟弱な精神で、これからの時代を生き抜いていけますかってえの! しゃきっとしなさい、しゃきっと!」

「あの……おはよう、福岡さん。どうしたの?」

 反対側から、ちょうどやってきた高杢海斗と、太賀竜之介の歴研コンビが、おっかなびっくりというふうで、二人の顔を、かわるがわる眺めてくる。

「言っとくけど、あたしはいじめてないからね!」

 と言い捨てて、滝はさっさと歩きだす。

 その後から、二人がぴりかを宥めすかしつつ、ひっぱりながら追ってくる。

 

 

→ next

http://kijikaeko-mch.hatenablog.com/entry/omake2-3

広告を非表示にする