minor club house

ポプラ文庫ピュアフルから出してきたマイナークラブハウス・シリーズですが、以後はネットでやってくことにしました。とりあえず、版元との契約が切れた分から、ゆっくり載っけてきます。続きはそのあと、ボチボチとりかかる予定。

6

  しらんぷり

 

 

「なに、寝てんだ。」

 と言う声に目を開けてみると、ミツアキが自分の中学の制服姿で立っていた。

「お。……直接来たんか。」

 目をこすって、うーんと伸びをする。なんだか頭が、すごくスッキリしている。

「跨がれてたぞ、ここの人たちに。」

「うっそ、そんなに爆睡してた? 俺。」

 ウクレレがやんでいる。振り返ると、きゅうりがいなくなっていた。あいつめ、ちょっと起こしてってくれりゃーいいのに……と、思った後で苦笑する。まあ、ムリだよな。

「お前どこででも寝るなあ。」

 と、呆れ声で言いながら、ミツアキが少し、離れた段に腰を下ろす。

 下ろしながら、ふーっとため息をつく。横顔が、心なしか、曇っているように見える。

「どうした。なんかあったんか?」

「んー?」

 少し黙ってから、ミツアキはぽつり、と言う。

「……いや、別に。この前の模試のさ、点数が悪かったんで、お前このままじゃ高校行けねーぞって、そんな話。」

「なーんだ。」

 と業平は返し、拍子抜けしたような顔で笑ってみせる。

「今に始まったことじゃねーじゃん、そんなこと。」

「まーな。」

 と言って、ミツアキもいつもの顔に戻る。

 でも、多分、そんなことじゃないんだろう。

 

 溝を感じてしまう時というのは、やはりある。

 業平がどんなに、そんなものはない、というふりをしようとも、だ。

 ミツアキの家は、母子家庭だ。最初は、親父のことなんかまるで覚えていない、と言っていた。物心つく前に死んでるから、顔も知らない、と。

 それは、話をわかりやすくするための親切なウソだ、ということが、後になってだんだんとわかって来た。

 その男は、たまにふらりとやってきては、ミツアキ親子と一緒に晩の食卓を囲んだり、何日か泊まっていったりしたのだそうだ。母親は、時にはその男を「パパ」と呼び、別の時には「カレシ」だと言った。

 謎は謎のまま、ミツアキは成長し、

「つい最近になって、顔がくりそつ、ってことに気づいたんだ。頭の形とか、骨格とか……ま、ケッタクソわりーけどな。」

 ということで、それが父親だという判断がついた、らしい。

 そういうのって、どういう気持ちのするものだか、業平には、どんなに想像力を働かせても、よくはわからない。

 そして、わからない以上は、つっこまないほうがいい。なんとなく、そういうラインが見える時って、従った方がいいんだ。

 だから業平は、ミツアキと一緒にいる時には、鈍感になるクセをつけてしまっている。

 自分でも気付かないうちに、自分の感覚の一部を封じてしまっている。

 

「ほんでもまあ、たまーにお前がうらめしくなるな。なんでゴーヘー、俺とつるんで、そんなにアタマいいんだよって。」

「よかねえよ、そんなに。」

「悪くてこんなガッコ通えるかよ。」

「知るかよ。こっちはよーちえんから放りこまれてんだぜ。それでまわりじゅうが、お勉強ばっかししててみろよ、それが普通なんだと思っちまうじゃねーか。ここが特殊だって気づいたら、それでオシマイ。今は過去の積み立て切り崩してる状態。そのうち底つくさ。」

 冗談にして、笑ってオシマイ。でも業平は、心の奥が、少し痛い。

 勉強は、してる。落第しない程度に。それはいつも、少し後ろ暗い、裏切るような感覚を伴う。

 バンドしてると、ホントにみんな、一緒にプロになろうぜー、って軽く言う。自分には、音楽より他、なんにもないから、と。

 でも、大抵の奴らには、ちゃんとホケンがかかってる。

 テストの時期には練習を控える。ガチで親と縁を切ったりしない。熱が冷めたら、いつでも普通のレールに帰れる。ちゃんと逃げ道は残してある。

 ミツアキには、それがない。

 だからこそ、特別なのだ。

「ややや? ゴーヘーとミツアキ、もう来てるっ。」

 入り口が騒がしくなって、よーこ先輩とぴりか先輩、それに、もうひとりの演劇部員の小笠原朔太郎先輩が、手に手になにか、芝居の道具を抱えて帰ってきた。

「愛し合ってるかーい!」

 というぴりか先輩の挨拶に、イエーイ! と業平が返し、

「きしょくわりーこと言わねーで下せー!」

 と、ミツアキが返事して、二人で笑う。

 ほら、練習の始まりだ。つまらないことは、わきに置いとこう。

 この共同戦線が、いつか壊れる日が来るなんて、業平は考えもしない。考えたくなんかない。

 

 

→next

http://kijikaeko-mch.hatenablog.com/entry/4-7

広告を非表示にする